くりっく365と店頭FXのスプレッドはどっちが狭い?

chumoku

スプレッドが少しでも狭い業者を使いたい!
だけど・・・取引所取引のくりっく365のスプレッドと店頭FXはどっちが狭いか比較したい!

そんな方に向けて、くりっく365のスプレッド記事を紹介します!

実はくりっく365と店頭FXのスプレッドの仕組みが異なります

変動制は常に値が動いています。ドル円でいえば3銭の時もあれば0.8銭の時も有ります。一方で原則固定はドル円0.3銭と提示されれば基本0.3銭で取引できます(経済指標発表前後や急な価格変動はスプレッドが拡大します)。

なので二つのスプレッドを比較することは難しいのですが、くりっく365の変動制スプレッドの割合いを示す円グラフが開示されていました。

くりっく365 2013年4月10日発表の主要通貨ペアのスプレッド実績

どの程度のスプレッドだったか色分けで示しています。
くりっく365ホームページより引用
2014-08-25_151554

↑の画像を整理すると。

  • ドル円は平均で0.658.
  • EUR/JPYは1.148.
  • AUD/JPYは1.150

店頭FXのGMOクリック証券の2014/8月25日に確認した時は

  • ドル円0.3銭
  • EUR/JPYは0.7
  • AUD/JPYは0.8

ドル円の場合その差およそ0.358銭

1万通貨取引時でその差

  • 1万通貨取引時 35円程
  • 10万通貨取引時 350円程
  • 100万通貨取引時 3500円程

普段1万通貨で取引をしている方も100回取引をすると3,500円。

スプレッドは塵も積もれば山となるですね・・

くりっく365と店頭FXのスプレッド傾向

上記の数値からもわかるように全体的には店頭FXの方がスプレドが狭い傾向にあります。

税制優遇もなくなった2014年現在はくりっく365より店頭FXに人気が集まってきている状況ですが、

2013年10月より大々的に様々な施策を実施しています。

2014-08-25_152736

手数料の無料化への動きやスプレッドの低下等々施策を行っています。

これからくりっく365の驚く施策など期待したいところですね!

次に整理した記事をどうぞ!

くりっく365と店頭FXの”9つの”大きな違い

chumoku
ページ上部へ戻る