オセアニア市場の特徴と時間帯

chumoku

2014-07-20_102104

前回はニューヨーク市場の特徴について紹介しましたが、今回は世界で一番早く開かれるオセアニア市場の特徴について紹介します!時に朝6時の眠たい時間に大きく相場が動くケースがあります!注意が必要ですよ!

世界で一番最初に開かれる市場

オセアニア市場は、↑の画像のように南半球のニュージーランドと隣国オーストラリア地域をさしています。

ニュージーランドの首都ウェリントン市場が日本時間早朝4時頃からスタートし世界で最も早く開かれます。
続いて、隣国オーストラリアが1時間ほど遅れシドニー市場が開幕です。

オセアニア市場の特徴

一般的に流動性が低いと言われます。これは取扱高の世界1位と2位のロンドン・アメリカ市場が閉ざされている時間だからです。

また、土曜日・日曜日明けの月曜日朝6時ころから各FX会社にてトレードできるようになりますが、その際、
株式チャートでよく見かける”窓”が開く場合があります。

m2013-10-09_115958

窓は、土日の間にサプライズ情報などが発生し大きく注文が殺到した場合に発生します。

窓あけとは?確率高く週明け月曜日におきる!(FX・為替)

FXで週明け窓あけの【手法】!

Aud(豪ドル)とNZD(ニュージーランドドル)は連動することが多い

それぞれの経済指標で値が動いた場合、どちらも追随することも多くあります。隣接国ということで経済が密接に影響しているからです。

また、比較的動きが少ない東京市場もオセアニア市場の強めの経済指標発表で値が動くことがあるので注意が必要です。

ガチひろは、こちらのサイトで星3つ以上の時は特に注意をして相場を見ています。

http://www.dailyfx.co.jp/market/calendar-detail.html

特にニュージーランドの中央銀行(RBNZ)が政策金利の発表を日本時間朝6時ころから行う事があります。
予測と異なる場合大きく値が動く場合があるので注意が必要です。発表の際は朝早く起きるのがおすすめです!眠いと思いますがw

実は資源国のオーストラリア、酪農が盛んなニュージーランド

どちらも大自然で綺麗な海に囲まれている中、資源国というイメージがありますが、

資源国のオーストラリア、一方で酪農がさかんなニュージーランドと大きく異なります。

なので、経済発展が著しい中国へ鉱物資源を多く輸出しているオーストラリアは、中国経済指標発表に影響を受ける場合があるので注視が必要です。そのオーストラリアの動きに連れて、ニュージーランドドルが動くというケースもあります。

スワップ利率が高い

スワップでFXは稼ぐこともできますが、オセアニア市場の通貨は利率が高い傾向にあります。

関連 スワップで大人気!なぜ豪ドル(オーストラリア)は政策金利が高い?

例えば、市場に材料がなく
”ボラティリティーが低く、投資先があまりない”、
という時は少しでも利率をつけるためオセアニア市場の通貨、特にAUDが買われるなどの傾向があります。

それでは次に東京市場の特徴を踏まえ手法を考えてみましょう!管理人・ガチひろがトレードしているからこそ気づくことをふんだんに紹介しますよ!東京市場の特徴

関連 FXでニュージーランドの・NZDの特徴は?AUDと連動する?

chumoku
ページ上部へ戻る