キャッシュバックの時の手数料計算方法(スプレッド計算をする)

chumoku

”さぁこれからキャッシュバックゲットするためにFXをはじめよう、でも1トレードあたり手数料はどの位発生するの?”

最初の頃は、通貨単位レバレッジについてもわからず、計算なども考えなければいけないのでなかなか大変です。

とはいえ、お金に関わることなのでしっかりと計算をしておきたいところですね!

FXではほとんどの会社が手数料無料で取引できるところが多いです。

ただし、スプレッドと呼ばれる売買時の為替の差が、実質手数料となります。

大きく二つの単位で計算されます。

  1. ドル円、オージー円 など ~/円の形は銭
  2. ユーロドル、オージードルなど ~/USDの形はpips(ピップス)

それでは、それぞれ計算してみましょう。

~/円の場合

今回はドル円の場合で考えてみましょう。

こちらの画面は私がよく使っているGMOクリック証券 FXネオの取引画面です。
2014-09-16_133244

スプレッドは0.3銭と表示されています。
(スプレッドは変動することや時期によってかわることがあるので各社ホームページで確認してください。)

仮に1万通貨で取引とします。
ドル円は100円の場合、スプレッドを0.3銭
1銭=0.01円なので、
0.3銭=0.003円。
1万×0.003円=30円

1回の取引あたり30円の手数料が発生します。

これらには為替差益を含んでいないので注意が必要です。

1万通貨取引の場合、
相場が1銭動けば100円、
10銭で1,000円、
1円で10,000円
+もしくは-に動く可能性があります。

~/USDの場合

今度はpipsという単位で表現します。

同じく1万通貨ユーロドル1.30で考えましょう。
スプレッドを1pips
1pips=0.0001なので、
0.0001×1万通貨=1ドル発生します。

仮にこの時ドル円105円ならば
1ドル=105円で
1pipsあたり105円程手数料がかかります。

EUR/CHF など右側が円と米ドル以外

ここまで読んでいただいた方は

”計算複雑そ!”

と感じるかもしれませんが安心してください。簡単な計算式があります。

0.0001(1pips)×対象のクロス円レート=円換算された1pips

つまり、CHF/JPYが116.85であれば

0.0001(1pips)×116.85=0.011685円
1000通貨の場合 11.685円
1万通貨の場合 116.85円となります。

例えばEUR/CHFを取り扱っている業者は、CHF/円を取り扱っている業者がほとんどです。
計算を簡単にできますよ!

 

まとめ

 

キャッシュバックをする際は、1トレードあたりこの手数料がどの程度発生するか考えた上で狙っていきたいですね。

もし、キャッシュバックの金額が同等もしくは下回るとちょっと魅力にかけますよね。大きくうまわっていると「お、やってみようかな?!」と個人的にはモチベーションがあがります!w

大分キャンペーンについての知識が深まったところで注意しなければいけない点それが税金です。
扶養に入っている方など特に注意ですね

FXキャンペーンの税金は”発生するケース”と”しない場合”がある

chumoku
ページ上部へ戻る