キャンペーンの具体的なやり方と3つのコツ【動画有】

chumoku

管理人のガチひろがFXをはじめた当初、各社のキャンペーンを使って投資資金を増やしていました。

最初のころは
「FXってどの位値が動くんだ?」
などわからないことだらけそこで具体的なやり方とコツを記載したいと思います!

手順その一

FX会社がキャンペーンを実施しているか確認実施していればどのような内容か詳しく確認しましょう。

例 5000円のキャッシュバック
条件1:新規でFX取引口座を開設
条件2:FX取引口座開設の翌々月末までにFXネオの新規建て取引を合計100万通貨単位以上
(南アフリカランドは10万通貨を1万通貨として換算)
等々
通算何万通貨なのか、それとも、新規建玉の通算なのか?しっかりと確認してくださいね。
GMOクリック証券

1取引辺りの手数料を計算する

仮に合計100万通貨の取引が必要だとします。
1新規建玉は10万通貨とする。
ドル円は100円の場合、スプレッドを0.3銭
1銭=0.01円なので、
0.3銭=0.003円。
10万×0.003円=300円

1回の取引辺り為替差益は除いて、
300円の手数料がかかることは認識しましょう。

先ほどの例ですと100万通貨が必要ですので、
10万通貨×10回=100万通貨
つまり手数料の合計は
300円×10回=3,000円は発生します。

経済指標発表前後は避けよう

例えば、
dialy fx japan などで経済指標発表の予定を確認し、その前後の取引は値が動くので為替差益の影響を受ける可能性が高いです。
もちろん、どの時間帯でも急に動く可能性は0ではありませんが、できるだけ可能性は下げたいところですね。
2014-09-16_122053

後、日本時間の午前10時前後、各金融機関より仲値が発表されます。
輸入業者のドル買いが集中する傾向にもあるので避けた方が好ましいでしょう

夕方から夜は値が動きやすい

FXは24時間取引ができますが、ロンドンや・アメリカのトレーダーが参加する時間帯は一般的に日本時間より値動きが大きいといわれています。

時間は午後3時頃からスタートしアメリカ市場も参加してくる20:00頃から翌1:00頃までは最も市場参加者が多いので値がさらに動く傾向です。

↓こちらはMT4を使って、

  1. 日本 → 黄色
  2. ロンドン → 青
  3. NY → 水色

市場の開催時間ごとに色分けができるインジケーター、Sessionsです。

ロンドン・NY市場が活発なイメージが湧くと思います。

m2013-09-04_151445

まとめ

  1. 手数料を計算する
  2. 経済指標発表前後は避ける
  3. 10時前後は避ける
  4. 夕方以降は避ける
以上よりキャッシュバックキャンペーンを受けたい場合は、お昼の12時などに、できるだけ為替の影響を受けないよう取引するのはいかがでしょうか?
もちろん値が大きく動く場合もあるのでその点だけは頭の片隅にいれておいてくださいね!

それでは、準備が整ったところで最新のキャンペーンキャッシュバック情報を確認しましょう!

【毎月更新】新規口座キャッシュバックキャンペーン62口座チェックした!

最後に、FX初心者の方はどの位チャートが動くかなどわかりづらいと思うので動画で確認してみてください!

chumoku
ページ上部へ戻る