スキャルピングが禁止は本当?

chumoku

以前当サイトでもスキャルピングというトレード手法を紹介しました
スキャルピングとデイトレとスイングの違いって何?

実は、そのスキャルピングが禁止?という噂がネット上で出ているので紹介したいと思います。

スキャルピングとは?

数秒単位でティックや1分足を使いトレードを行い、頻繁に取引をする手法です。

一般的に勝率は高く、利確・損切のpipsは狭いといわれることが多いです。
なので、その分利益を出すためにスイングトレードなどより、枚数をかなり多くしてトレードを行う傾向があります。

禁止は本当?

各社により異なるというのが2013/9月時点での答えです。

実際、どことは申し上げれませんが、取引規定で短時間取引の禁止を明記している会社もあります。

理由は、大きく二つありまして

  1. 短期取引によりサーバーに負担がかかる
  2. カバー取引といいまして、リスクヘッジをする行為が、あまりにも短期の売買により行う事ができないため

まとめ

実際FX会社も営利企業であるため大きな損失・リスクを抱えるわけにはいきません。

そのルールに従うというのが原則です。

普段隅々まで目を当すことがなかなか取引規定はないかもしれませんが、口座が凍結されてから知らなかったではどうしようもありません。

一度時間があるときにゆっくりとみることをおすすめします。

また、不安な点などは各FX会社に問い合わせをしてみるのが一番ではないでしょうか。

メールなどでしっかりと対応をしてくれますので、確認しましょう!

chumoku
ページ上部へ戻る