スキャルピングとデイトレ、スイングの違いって何?

chumoku

072 (1)

ねぇガチひろさん!忙しい主婦には、”あまりチャートを見ないスイングトレード”がオススメって言ってたよね?

逆に、ガチさんは、スキャルが大好きだって?

どういうこと?

それでは今回は、トレードのスタイルについて紹介しましょう!

大きな違いは、ポジションを保有している時間が異なります!!!

スキャルピングとは?

数秒から数分の間で取引を完了させることをいいます。

主に1分足や5分足など短い時間足で売買します。

値動きは小さくなりますが、取引通貨を量を多くすることで利益を大きくすることができます。
⇒ FXで通貨取引単位とは?

当然その場合はリスクも大きくなりますので、徹底した資金管理が必須になります。

デイトレードとは?

保有期間が、一日以下のトレードを指します。

基本的にデイトレードをする場合は、その日の取引は夜寝る前に
すべてのポジションを決済してから眠るというケースです。

スキャルピングより、より長期の時間足になるため全体の傾向をよりつかむ必要があります。

スイングトレードとは?

中長期の売買になります。

明確に何日ポジションを保有というのはありませんが、デイトレードより長く、ポジションを保有し続けることをスイングトレードといいます。

またスワップポイントを狙う事もできること、売買回数が少ないのでスプレッドが少ないなどのメリットがある反面、相場の急落のリスクもあります。
ストップロスは必ずいれましょう!
⇒ スワップポイント/スワップポイントとは何?

まとめ

常にパソコンの前に座れる方はスキャルができます。

一方で、FX子さんのように、なかなかチャートを見る事が出来ない人は、スイングやデイトレードがおすすめですよ!

なるほど、よくわかりました(#^.^#)
chumoku
ページ上部へ戻る