ストキャスティクスとは?おすすめ設定は?

chumoku
今日はテクニカル指標の中でもオシレーター系として有名なストキャスティクスについて紹介します。

設定方法や見方、具体的な手法まで紹介しますよ!!

ストキャスティクスとは何?

通貨がどの位買われているか売られているかその量に注目して示してくれます。

具体的に画像を見てみましょう!

2014-05-01_201326

二本の線が出てきて、右側に20や80、100等が表示されています。

それぞれの線は

%K =(当日終値-N日間の最安値)÷(N日間の最高値-N日間の最安値)×100
%D =A÷B×100
A=(当日終値-N日間の最安値)のH日間合計、B=(N日間の最高値-N日間の最安値)のH日間合計。

この式からもある期間と任意の期間での勢いを計る事ができます。

それではどんなタイミングでエントリーするの?

お察しの方は多いと思いますが、
%Kが%Dを下方から上抜けた時が買いポジション
逆にストキャスティクスの%Kが%Dを上方から下抜けた時が売りポジション

2014-05-01_201326

また、%Kが80を上から下へブレイク、
もしくは20を下から上へブレイク、
していくとそこから反転が予想されます。

設定とまとめ

13 3 3あたりが多く見かけます!

ただ、通貨ペアやその時の相場観でも異なるので、自分に合ったパラメーターを探すのがポイントですよ!

chumoku
ページ上部へ戻る