スワップポイントの税金は発生タイミングが異なるので注意!

chumoku

さぁこれからスワップポイントで資金運用だ

と考えている方に、税金についても説明させてください!

実はFX会社によって税金が発生するタイミングがことなります!

大きく二種類に分けられる

  1. 毎日スワップ益を確定させ口座に反映させる。メリットは確定しているのでいつでも口座からスワップ益だけを引き出すことができる
  2. 為替差益を決済するときにすべて反映される。確定していないのでスワップ益だけ別に引き出すことができない

これはかなりスワップ運用派にとって大切なことですよね。

なぜなら、複利運用を考えている場合、②の口座だと、
「一度決済」

「再度建玉を立てる」
で、スプレッドがあらためて発生してしまうから。

こちらの記事でも紹介しましたが、8年ほどで見ると複利と単利では100万円近く運用パフォーマンスに差がでる可能性があります。

スワップで単利と複利運用では100万円の差?!

複利運用派は断然①の口座がオススメ

GMOクリック証券は対応しています

しかし、税金を考えて自分のタイミングで利益を確定したい人は②

これは税金に関係する話ですが、税金は所得で考えます。つまり、利益から経費を差し引いた額になるんですね

FXの税務申告時の注意!所得と収入は違いますよ!

仮にある1年で為替差益の利益が出て所得が1000万円になるとします。

ただし、スワップ狙いの建玉は悲しいかなロスカット寸前でマイナス100万円。もうスワップは無理と考えた場合、この年に税務申告すれば収入を900万円で申告できる訳です。

経費抜きで考えた場合
1000万円 × 20.315%=2,031,500円

900万円 × 20.315%=1,828,350円

その差20万ほど収める税額が異なります!!かなりこの額は大きいですよね。

以上より、
複利運用を考えているか、
それとも、単利で基本的に出金する時は全額引き出すかで選ぶ口座もかわってくるのでしっかりと戦略を考えて投資してください。ココからは具体的に”どの通貨ペア”を選ぶか、情報を収集して検討していきましょう。

なぜ豪ドルはスワップ金利が高いのか?

chumoku
ページ上部へ戻る