スワップポイント運用の時の口座選びに4つのポイント

chumoku
今回までスワップについてたくさん記事にしましたが、最後に、
”実際にスワップ運用をしている管理人が絶対におさえておきたい4つのポイント”
をまとめました!

①値洗いはどのタイミングか?

FX業者は、

  1. 決済をしない状態でスワップ金額の出金をできる業者
  2. 決済をしないとスワップ益を引き出せない業者

の二つにわかれます。

どちらがお得かは運用者の方針によると思います。

スワップ益がでたらすぐにお金を使いたい方は1が断然おすすめですよね。

詳細をもう1度確認する方はこちらの記事をどうぞ

なぜスワップ運用口座比較の時は”値洗い”のタイミングが重要か?

②運用期間を1年・2年などある程度決めている方

これは税金に関係する話ですが、税金は所得で考えます。利益から経費を差し引いた額になるんですね

FXの税務申告時の注意!所得と収入は違いますよ!

仮にある1年で為替差益の利益が出て所得が1000万円になるとします。

ただし、スワップ狙いの建玉は悲しいかなロスカット寸前でマイナス100万円。もうスワップは無理と考えた場合、この年に税務申告すれば収入を900万円で申告できる訳です。

経費抜きで考えた場合
1000万円 × 20.315%=2,031,500円

900万円 × 20.315%=1,828,350円

その差20万ほど収める税額が異なります!!かなりこの額は大きいですよね。

③取引する通貨ペアのスワップ益が高いかどうか?

2国間の政策金利の差がスワップポイントの基になるので、
”FX各社から付与されるスワップポイントに差がない!”
と思っている方もいるあなた!

結論をいうと
「各社スワップポイントの付与額はかなり異なります!!」

 

毎月調査している管理人ガチひろが言うので間違いありません!

毎月通貨ペア50の中からスプレッド・スワップ比較

もちろん、運用通貨ペアのスワップポイントが高い傾向の業者がおすすめなのは言うまでもありません。

④長期的に信頼できる会社かどうか?

数年単位で運用を狙うスワップの場合、途中で会社がつぶれてはいくら全額信託保全で資金がまもられているとはいえ再度他の業者に預ける時手数料がかかってしまいます。

会社の信用度をはかる目安の一つ、会社資本金や自己資本規制比率はできるだけ高い業者を選びましょう!

安心・安全なFX口座を探すコツ”自己資本規制比率の裏を見れ!

信託保全とは?【2012年全額信託保全が完全実施】

最後に46社口座開設をした現役トレーダー・ガチひろがオススメの口座は・・・

上記4条件を満たした口座は・・・・・

”GMOクリック証券”!!!

業界最大手ということでご存知の方も多い方思いますが、スワップが高いだけではなくスプレッドも常に業界最狭水準なので解説しておきたい口座の一つです。

今ならキャッシュバックキャンペーも実施しているとのことなので、↓から申し込みも可能です
GMOクリック証券

chumoku
ページ上部へ戻る