豪ドルチャート”25年分”を簡単に表示する方法

chumoku

”よしスワップ運用を豪ドルではじめよう!!”

”ところで過去10年・15年・20年前・・・できれば25年程前の最低レートはどのくらいなの?それを知らなきゃ投資をできない・・・・”

ネットで検索してイチイチ面倒だったあなたに各25年までさかのぼり一瞬でチャートを表示できる方法を紹介します!

その方法は・・・・・・・・

世界展開をしているOANDAの為替レート履歴を使う事です!

本当にビックリする位カンタンです。見てみましょう。

OANDA為替レート履歴

↓豪ドル円(AUD/JPY)の1990-2014年までのチャート↓

2014-09-10_105200

手順

  1. 豪ドル円(AUD/JPY)の時
  2. 手元にある通貨 → オーストラリアドル
  3. 必要な通貨 → JPY
  4. 期間 → 任意に設定する

以上で1990 年 1 月分からほとんどの主要通貨で利用できますよ!!!

先ほどのチャートを見てみると高い時は110円程、低い時は60円前後で推移しているのがわかります。なのでこの幅でロスカットがかからないよう計算してスワップ投資をするのも一つの戦略ですね。もちろん相場に絶対はないですが・・・・
(ロスカットやレバレッジの計算を理解していない方はこちらの記事の熟読をオススメ
→ スワップ狙いの時は資金量とレバレッジに要注意

すごいの一言です!

OANDAに感謝ですね(*^_^*)

ちなみに、通貨ペアが70種類以上取扱いしていてスプレッドも業界最強水準なので管理人・ガチひろのおすすめ口座の一つですよ!

OANDA Japan MT4

さて、ココまでお話をしてきてスワップ運用についてかなり知識がついてきたと思いますが・・・・・・
よく言われるのが「外貨預金の方がいいんじゃないの??」

そんな方に客観的根拠をもって紹介しますね!

外貨預金vsスワップ運用”どっちがお得??”

 

 

 

chumoku
ページ上部へ戻る