ダウ理論の第3波手法とは何?どんな意味だ~

chumoku

s_100

ダウ理論について記事をかいてきましたが、今回は第3波手法とは何?か紹介します。

正確にはエリオット波動理論と呼ばれます。

エリオットさんが最初に出版したのですが、その背景にはダウ理論の影響が非常に大きいので、その進化版といっていいのでしょうか。ダウ理論、第3波なんて呼ばれます。

エリオットが提唱したのは

波動の「パターン」、波動相互の「比率」、波動が要する「時間」の三つ

これらが密接に関連しあっていると提唱しました。

具体的にこれらを示した画像を見てみましょう。

m2013-08-14_183849

エリオット波動は上昇局面で5波、下降局面で3波の合計8波で構成

まずは数字の1と2と書かれた第1波と2波
⇒5つの波の中で最もく、第2波は第1波のかなりの部分を戻す値固めの段階

第3波は一番長い時間トレンドが続きます。一番市場が動いているときです。これが第3波手法と呼ばれる所以でここを狙えば利確が大きくなるという訳です。

第4波は第2波と同じように値固めの波です。ポイントは第4波の底値は第1波の高値より上の位置になります。

第5波は相場の天井です。

具体的にどのようなシーンでエントリーしていく?

第1波についてはレンジをブレイクしていくところ
m2013-08-14_190052

この画像で上昇トレンドを描がいていき高値を超えていくところ。

ここをエントリーする事で 損大利小を狙えますが、もちろんだましもあるのがFXの難しい所、しっかりと損切の設定も行い期待値を考える事が重要です。

また、レオナルド゙・フィボナッチが発見したフィボナッチ比率に基づいてる理論です。次回はフィボナッチ比率について紹介します。

chumoku
ページ上部へ戻る