チャネルラインの実践的な引き方や手法(動画有)

chumoku

前回はサポートラインやレジスタンスラインの使い方を紹介しました。
今回はセットで覚えてほしいチャネルラインを紹介します!

チャネルラインとは?

上昇トレンドの場合、安値同士を結んだ線がトレンドラインです。

そのラインと同じ角度で高値を結んだ線がチャネルラインです。

m2013-09-06_143751

画像のように線の間をローソク足が行き来しているのがわかると思います。

下降トレンドの場合は、
高値同士を結んだ線がトレンドラインです。

そのラインと同じ角度で安値を結んだ線がチャネルラインです。

サポートラインとレジスタンスライン

ローソク足が驚く程ラインを意識し動いているのがわかります。

ただし、いままで紹介してきたトレンドライン・サポレジラインと同様ダマしがかなり多いので注意が必要です。

なぜか??

前回の、トレンドラインの引き方

で紹介したように市場参加者は安値で引くのか、実態で引くのかで角度が変わってきます。
ダマしが起こって当然なんですね
2014-11-05_152731

2014-07-09_140750

ブレイク後のエントリ

↑の画像の○のポイントが一つのエントリーポイント

上側の線、下側の線どちらも有力なポイントです。

いわゆる押し目ですね。

サポートラインをブレイクして、
一旦もどり再度下落した時にエントリーというFXでは代表的な手法です。

こちらは動画で具体的な押し目のエントリータイミングについて紹介しています。

それでは、ココまで3回にわたりラインの基礎知識について紹介してきましした。

ラストはラインの実践的使い方です。

【実践編】ラインの使い方!”日足も絶対見てください!”

chumoku
ページ上部へ戻る