トレンドラインの引き方

chumoku
今回からは3回にわたり、トレードライン・サポート&レジスタンスライン・チャネルラインの引き方や実践的手法を紹介します。
かなり大事な内容になるのでしっかりとご覧ください!

トレンドラインとは?

上昇トレンドと下降トレンドにラインを引きます。

下記は上昇トレンドのケースで安値を結んで引いています。

2014-07-09_122833

一番価格が安い所同士を結ぶことでトレンドラインが形成されます。
ただし、安値か終値かどちらを結ぶかによって微妙に角度がかわります。
↑画像でも若干角度がずれています。
それは、安値か終値どちらでも引くかでことなるからです。
2014-11-05_152731

ここでFX初心者の方によくいわれるのが、
「どちらで線を引くことがただしいのですか??」

管理人が思っている正解は・・・・・

「ざっくりひくことです」

こんな感じですね。

2014-11-05_153105

なぜか????

それは、
そもそもダマしがあるから正確に引いても意味がないからです。

先ほど述べたように色んな角度で線が引けます。
なので、
「ブレイクしてエントリーだ」
という人もいれば、
「まだブレイクしていない」

という人も出てきます。

そうすると、結果様々な思惑が交錯する

ダマしへとなる

という訳です。

だから、正しい答えを得ようとする必要はありません。

ざっくり引いて、きちんと上昇してきたポイントの押し目を狙うのが管理人はおすすめ。

2014-11-05_153544

それでは、次に

一番重要といっても過言ではない、サポート・レジスタンスラインについて紹介します。

レジスタンスラインやサポートラインの引き方/ダマシの確率が減る!?

chumoku
ページ上部へ戻る