トレール注文とは?”損切が値をおいかける”

chumoku
ガチひろさん!この前5000円の利益が出ていたけど結局-2000円で終わってしまったよ涙
はやめに辞めておけばよかった・・・
FX子さん!
そんな時は、
「損切が値をおいかけるトレール注文がおすすめです!」

トレール注文とは

トレールとは英語でおいかけるという意味です。

何が追いかけるかというと
”損切が値をおいかけます”

わかりやすく数字で紹介します!

  1. 100円で買います!
  2. 損切の幅・トレールは1円
  3. なので、100円で買ったときは損切99円です
  4. もし値が99.2円に下がった場合は損切99円のまま変わらず
  5. もし値が101円に上昇すれば損切はおいかけて100円に設定
  6. そしてまた値が下がり100.5円の場合、
  7. 損切は100円で変わりません!

気がつきましたでしょうか。

要は

 

利益が出る方向に値が動いた時は損切がついてきてくれて、
損が出る方向の場合は損切の値がかわりません。

なので一定の損失を保ちつつ、場合によっては利益を狙うことができます!

2014-07-10_111036

 

実際ガチひろはあまりトレール注文を使っていません。
多いのは成行で注文して、すぐに損切を逆指値でいれる。
もしくは、成行 → OCO注文で利益&損切を入れる。

注文する時は必ずどのように動くか戦略を立ててから注文するので、
私のスタイルにはピッタリです。

初心者の方は、
逆指値だけは注文後すぐにいれることで、
急な相場変動での損失を抑える事ができるのでオススメします!

 

chumoku
ページ上部へ戻る