バイナリーオプションの規制で大変革!

chumoku

2013年12月1日より金融庁より大幅なバイナリオプション規制が定めされています。
過去にはFXも規制が入ったことがありますが、
なぜ必要があったのでしょうか?

歴史を見ても規制が入る時は射幸性つまり、ギャンブル要素が非常に高いと判断された時です。

規制前のバイナリーオプションの中には、
2者択一が1分で結果が分かるギャンブルに近い商品がありました。

コインの裏か表を当てるように短い間に取引が続けば気持ちが熱くなることもあるでしょう。

負け続ければ
「取り返してやる!!」
と続け、負債を増やしてしまう場合もあります。

規制後のバイナリーオプション

  1. 判定時刻が2時間以上での取引する、
  2. 口座開設前の試験導入、
  3. 取引受付の事前停止、

等様々な変更がかかり、ギャンブル要素が抑えられました。

とはいえ、規制後でも平常心を保つことができない場合も考えられます。
「冷静に客観的に、資産に余裕があるように」
取引をすることが大切です。

自己資金の1%以内の運用にするなどマイルールを徹底することがあなたの運用資金を守る事につながります!

しかし、海外のバイナリーオプションでは、規制がかからず射幸性が高く取引ができるとネット上で掲載されています、果たして大丈夫なのでしょうか?

バイナリーオプション海外業者は危険?金融庁より出金トラブル公表有

chumoku
ページ上部へ戻る