バイナリーオプション海外業者は危険?金融庁より出金トラブル公表有

chumoku
バイナリーオプションと検索をするとものすごい数の海外業者のホームページが表示されますが!
当サイトではバイナリオプションの海外業者を絶対におすすめしません!

怪しい海外バイナリーオプション業者の一例

大前提として、金融庁に無登録で金融商品取引業を行うことは禁止されています!2014-08-20_123503

海外業者のホームページを確認してください。

GMOクリック証券さんのようにしっかりと記載ありますか?
2014-08-20_123629

記載がないところが多くはないでしょうか?

魅力的なキャッシュバックキャンペーン 冷静になってください

「入金額と同等の額をキャッシュバック!」

こんな表記をよく見かけませんか?
しかし、すぐに出金できないなどのトラブルを耳にします。

それは、厳しい取引制限など課せられるからです!

例 入金額の10倍以上の額の取引が必要 etc

金融庁で公表されている実際にあったトラブル

2014-08-20_123936
備考
代表者等の氏名は「不明」。当該業者が運営するサービス名
は「24option.com(24option)」であり、平成24年6月14日付で警告を行った「247 Holdings Group Ltd.,」
と同一である。当該業者は、日本語ホームページのほか、「特別な情報を教える」との電話による勧誘を行っており、他業者のセミナー等で当該業者への口座開設を強要される、口座開設後は根拠のない理由により出金に応じないとの情報が寄せられている

以前は国内のFX業者も資金保全が義務化されていなかった

以前こちらの記事で紹介しました。

FX会社は安全?「例えばどんな時に破産?」

2007年、エフエックス札幌が倒産しています。

これは業務停止命令を受けたので正しい競争原理の中という訳ではなりませんが、私たちトレーダーにとってはそんなことどうでもいいです。

大切な預けたお金がきちんと帰ってくれば。

しかし、残念ながら、この会社の破産時は最終的に5%程しか債権者へ配当がありませんでした。

本来金融の中でこのような事が絶対にあってはいけない訳です。

そこで、2010年より義務で保全管理がなされるようになりました。

 

保全管理がされるようになった今とは現状が異なりますが、
当然海外業者が保全管理をしているとは限りません。

最終的には自己判断

話が若干それますが、最近ではビットコインのマウントゴックスが114億円の行方がわからなくなりましたね・・・

預けたお金が必ず帰ってくるものではない

という認識は強く持つ必要があるのではないでしょうか。

日本人は欧米に比べ投資をしている人が少ないせいか、もしくは、銀行に預貯金として預けている人が多いせいか、預けた資産は安全なものという感覚が強いような気がします。
ペイオフ制度があるにも関わらず、
私の両親は預けたお金は銀行なら絶対大丈夫!
と言い切ってましたからね。

銀行に預けるのも投資の一つです。

と若干話がそれてきましたが、
最終的には自己判断です。

上記の状況から判断してくれればと思います!

それでは次に、バイナリーオプションの特徴を整理して理解を深めましょう!

バイナリーオプションとFXの違いを比較

chumoku
ページ上部へ戻る