ボリンジャーバンドのエクスパンションとは?”反対側に注目だ!!”

chumoku

 

 初心者のころガチひろは、”ボリバンは広がればいいんでしょ!!”
位に思っていました。

ところが、実際勉強していくと3つの大切なポイントを見る必要があることがわかったので紹介しますね!

 

ボリンジャーバンドのエクスパンションとは?

その名の通り”バンドが広がっている状態”を示しています。
バンドのσは1σ、2σ、3σを表示していることが多いですが、2σの動きを指していることが多いです。

2014-07-23_161220

エクスパンション時の傾向

このように広がっている時は強いトレンドが出ているケースが多いです。
ただし、バンドが広い状態でも中央のMA(移動平均線)が上昇もしくは下降の向きをしていない場合はレンジ相場のままなのでトレンドが続かない傾向にあります。

トレンドが一旦の終わりを示唆する①

ローソク足が向かっている方向と逆のバンドに注目です!

ここが矢印の方向。つまり、ローソク足が向かっている方向に向いてきたときは”トレンドが弱まってきたとき”なので一旦利益確定のポイントにできます。

2014-07-23_161742

トレンドが一旦の終わりを示唆する②

次が、ローソク足が向かっている方向のバンドが逆方向に向いた時です。

トレンドが終わる可能性もあるのでその後の動きに注目です。

2014-07-23_162009

中央の移動平均線が横向きならば”もみ合い(レンジ相場)”になっていると判断できます。

2014-07-23_162146

まとめ

  1. 中央の線の傾きはどちらに向かっているか?
  2. エクスパンションが起きた後、反対側のバンドは閉まってきていないか?
  3. エクスパンションが起きた後、ローソク足が向かった方向のバンドが閉まってきていないか?

3つを確認することでよりボリンジャーバンドを精度高く使う事ができますよ!

それでは次にスクイーズをどうぞ!

ボリンジャーバンドでスクイーズからエクスパンションするポイント

chumoku
ページ上部へ戻る