FXで消費者物価指数(CPI)とはどのような影響をあたえる?

chumoku

MP900382634

今日は重要な指標の一つ消費者物価指数(CPI、Consumer Price Index)について紹介します。

消費者物価指数とは?

インフレの動向を見るために重要な指標となっており、中央銀行が政策金利を決定する際の一つの判断材料とされています。

特に季節要因をうけやすい食品とエネルギーを除いたコア指数が特に重要視されています。

インフレ傾向にあり、物価上昇し、お金の価値が下がる

対策

金利を上げるなど

2013/9時点では各国が政策金利が低水準です。

しかし、いずれは国の動向に応じて金利があげる施策がとられることがあるでしょう。その際はこのような流れになるかもしれません。

インフレ⇒景気の上向きの傾向⇒中央銀行が利上げ⇒スワップポイントが高い通貨が買われる

このようになればその通貨が買われ相場が動くということになります。

まとめ

中央銀行に逆らうなと言われるほど、相場に大きな影響を与える政策金利。指標発表値を意識したいところです。

また、各要人が目標数値などを掲げることもあり、その数値を意識した相場でのやりとりがなされます。

バイ・ザ・ルーマー、セル・ザ・ファクト=噂で勝手、事実で売るということもあるので前後の相場の確認も必要です!

それでは次に、
経済指標発表時刻に「結果をはやく知りたいのにネット上の数値が更新されない」という方は、”ほぼ”リアルタイムで発表されるサービスを紹介します♪

ほぼリアルタイムの経済指標フラッシュが◎

chumoku
ページ上部へ戻る