証拠金とは?”資金がマイナスになることあるの”

chumoku

072

FXは証拠金で取引できるから、運用資金は少ない金額で大丈夫だよ!

と言われても相場の世界が初めての人には絶対わかりませんよね。

そこで、今回はレバレッジや維持率などなど紹介します!

証拠金とは?

FXで取引を始める時、FX業者で口座をつくります。
その際、一定の金額を預けます。

これが運用資金であり、担保でもあり、証拠金と呼ばれるものです。
もともと、商品先物取引で使われていた言葉で、
担保として預け入れたその証拠金の範囲内で、
取り引きができるというものです。

例えば10万円を預けます。

するとそのお金を担保に数倍から数十倍の取引額を、
レバレッジをかけることで運用することが可能になります。

もう少し具体的にいきましょう!

仮にドル円=100円で、
1万通貨、レバレッジ25倍で取引します。

このドル円=100円で1万通貨というのは100万円の額です。
でも、取引をするにあたり口座には4万円しかありません。
しかし、レバレッジが25倍で、
4万円×25万円=100万円
の取引が可能になります。

維持率って?

先ほどの続きですが、ドル円が99円になります。
すると99円の1万通貨なので99万円に
口座残高は100万円-99万円=―1万円なので
3万円になってしまいます。

FX会社からすると資金が3万円に減ったのに
同じ100万円の取引をすることはリスクがあがるだけですよね。

なので100万円の取引をしながら、為替上どんどん資金が減っていった場合、
運用資金の、決められたパーセンテージまで減ると、
FX会社から”これ以上の取引はリスクがありすぎるので取引終了します”
と決済されてしまう率になります。ロスカットです。

率は各社ことなりますが、
口座に10万円あり7万円になった=70%でメール通知
口座に10万円あり5万円になった=50%で強制終了(ロスカット)
になるなどあります。

*厳密にいうと「口座あたりの割合」か、
「取引をしている通貨ペアあたりの割合か」など設定できる場合もあります。
開設した口座に問い合わせするのが一番間違いありませんよ!

証拠金がマイナスになる事あるの?

無いとは言えません。あまりにも相場の変動が大きすぎる場合です。

この2008.10.24の前後は2000年以降もっともドル円が暴落したときなんです。

(ドル円日足)

2014-07-02_144057

日足レベルでも1円2円と信じられない程下落しています

仮に一気に「1円レートがぶっとんだ!」
なんてことも考えられます。
その時は損切を現時点より0.2円の場所に入れていたとしても、
0.8円などで約定するケースもありますので注意してくださいね!

でもよ~くチャートを見てくださいね!
上の画像でも4ヶ月で23.53円下落しているんです。

口座の資金を無くしてしまうパターンで多いのは、
損切を躊躇して長期保有してしまった時というのを忘れないでください!

チャート上で窓と呼ばれ、一気に為替が動いた時などがその一例です。

最後に

FX会社は先ほどの”レートがぶっとんだ”といった時に、
ユーザーの資産がマイナスになると回収作業が大変な訳です。
なので、証拠金維持率を資産の30%~50%などに置いています。
結果、資金がマイナスになる可能性が低いポイントでも、
お客様にできるだけトレードしてほしい、そんな間に置いているんですね。

このあたりも踏まえて、証拠金維持率は「30%や60%」など

自分で設定できることも多いので、

攻めだけではなく、時折大切な資産を守ることも考えましょう!

 
「初心者はまずここから!」をお読みの方
次はコチラ→FX会社は安全?・・・安心してください!信託保全制度があります!”2010年の法改正”
 

chumoku
ページ上部へ戻る