資金管理の方法FXで最重要!!

chumoku

MP900382634

FXにおいていろんなプロの方が大事だというのが、

資金管理

今日はどのような事を意識すればよいか紹介したいと思います。

FXにおいて何よりも守らなければいけないの自己の資金です。

資金をなくさないことが何より前提ではないでしょうか?

損切の徹底は、自分のルールに基づきすぐに入れる事。

これにつきます、リスクにさらされる時間が長くなればなるほどその危険性は増します。

メンタルな部分で損切が遅れるということ以外にも、例えば、急な価格変動、自分のパソコンの故障、スマフォの故障等々、万が一の話ですが長いトレードを考えた場合、リスクを少しでも軽減することは重要です。

リスクの割合

これが非常に肝ではないでしょうか。

よく2%~5%を1度の損失の上限ということを見ますし、アメリカなどでは1%が当たり前だといわれることも多いようです。

損切の決め方

以下は仮にドル円100円の場合

自己資金50万円で1%ならば5000円までが1度の損失上限額

pipsで考えた時、フィボナッチ・リトレースメントなどを使い、今回は100pipsで損切ラインと考えたい場合

5000円/100pips=50円となるので1pipsあたりの損失が50円であれば100pipsで5000円となる

1万通貨で1pips、100円なので、

5000通貨で50円となります。

と考える。

すると長い時間足でpipsの幅が大きくなってもじっくり構えてトレードすることができます。

*ドル円以外の計算はまた別の機会で。

他の資金管理

後はクイック入金の口座に金額を入れないなども立派な資金管理ではないでしょうか。

あくまでも資金をなくさないことが前提です。

クイック入金などは負けて悔しくてなんてパターンも多々あると思います。

そのような時は自分の感情をコントロールできず、大きなリスクを抱えることになるので要注意ではないでしょうか。

それと、トレードの日記などで数値を管理して、利回りがどの位か、損失額・利益額がと常に数字を意識することでより現状認識につながりリスク管理につながるはずです。

chumoku
ページ上部へ戻る