酒田五法の一覧”反転のタイミングがわかる!”

chumoku
ガチひろさん!酒田五法って知ってる?昔の本間宗久さんが開発したんですね!
FX子さんよくご存知ですね!
江戸時代に実は米の先物相場のようなものがあり、その時編み出された手法ですね。株式市場でよく耳にすることが多いですが、FXでも役に立ちますので基本を押さえましょうか!

三山

上昇トレンドで3つの山がある場合三山と呼ばれています。

”3度も上昇したにも関わらず突破できないという事はそろそろ限界”

つまり下げ相場を示唆しています。

以前紹介したトリプルトップと同様ですね

トリプルボトムやトリプルトップの絶妙な”買売タイミング”とは?

2014-07-08_155319

そして、三山と似た形に三尊があります。
中央の山が一番高い形です。

2014-07-08_163212

逆三山

先ほどの三山と逆ですね。
3つの谷があることが条件です。

トリプルボトムと呼ばれています。
安値

逆三尊

無題

このネックラインをブレイクでエントリーが基本です!

明けの明星

2014-07-09_043121

長い陰線があらわれた後に短い陽線が登場、その後窓を開けて陽線が伸びている形。

例えば長く陰線が出ていたのでそろそろ売られすぎかな?という心理から陽線登場で相場が買への気持ちに転換し一気に買いが加速している場面です。

明けの明星は相場転換や買のシグナルを出しています。

逆の考えが宵の明星
1

相場の下落を示しているので売りサインです。

三空叩き込み 三空踏み上げ

1無題

こちらは上昇か下落が強く続いた後は反転を示唆する形です。
窓が開いているのがポイントです。

要はチャートが大きく変動しているのでそろそろ底値だろうという考えが増えてきていることを示唆しています。

その後の反転はレジスタンスラインが当面見られないので強い相場も予想されます。

赤三兵 黒三兵

6無題

先ほどの三空叩き込み 三空踏み上げの窓が開いていない形です。
徐々に相場の勢いが強くなっていることがら、伸びた方向へ継続していくことを示唆しています。

上げ三法 下げ三法

3無題

強い線が出た後、短い線が続いている状態です。
酒田五法では一旦”休むべき”という事を示唆しています。

そもそも、相場はスプレッドなど考えると、大きく値が動いていないとなかなか利益を大きくすることが難しいです。
なので、休むということなのでしょう。

最後に

これらの形を江戸時代から唱えていたとは恐れしいですね。
いまでも考え方はかわらないものばかりですもんね。

逆にいうと相場の原理原則はいまも昔も差ほどかわらないのかもしれません。

次に覚えておいてほしい状態をどうぞ!

なぜヒドゥン・ダイバージェンスはトレンド継続なの?

chumoku
ページ上部へ戻る