FXの税務申告時の注意!所得と収入は違いますよ!

chumoku

 

FXで確定申告が必要な人と、必要ではない人は条件が異なることを説明しました。

その中で「給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円を超える方」という内容を見て、今年の利益は50万円。所得は50万円で確定申告をしようとしたあなた!

所得は単純に利益だけではないので気を付けましょう!

収入と所得の違いわかりますか?

収入

実は税法上二つの言葉の意味は異なります。

サラリーマンの場合、収入は給与や賞与などにあたるのでイメージが湧きやすいと思います。

一般的に年収いくらなの?

とうい場合は、健康保険・厚生年金・雇用保険・所得税・住民税等を差し引く前の額ですので同じような扱われ方ですね。

所得

収入から必要経費を差し引いたもの

例えば、あたなが飲食店を開いているとします。

毎月1千万円の売り上げ。

もちろん、すべてが利益になるわけではなりません。家賃や食材費、光熱費などを差し引いて残ったものが利益、つまり所得になります。
(正確には様々な分類がされているので税理士に相談するのが一番)

FXの所得とは?

あたたがFXで取引をする場合、経費と含まれるものはどのようなものでしょうか?

 

原則の考え方として「FXで利益を上げるために必要な物」

という考え方です。

 

これは税務署や税理士さんに相談しても同じように管理人ガチひろは言われましたよw

例えば、パソコン。
取引がし易いよう管理人・ガチひろは4つのモニターを設置しています。
写真

これがなければチャートの動きがつかみ辛くて取引ができません。

「FXで利益を上げるために必要な物」として購入・使用するので経費計上が可能です。

しかし、
「ネットサーフィンやゲームなどをしていますよね?」
ほとんどの方がそうだと思います。

なので、そのような場合は、FXで半分ほどの使用時間、ゲームで半分ほどの使用時間ケースでは、半額が必要経費として認められる可能性があります。

しつこいですが、税理士さんに確認して何度もいわれたのが、「FXで利益を上げるために必要な物」、これが基準の概念になります。

なので他には、

  1. 日経新聞(利益をあげるために情報取得)
  2. スマホ料金(スマホでの取引が多ければ一部認められるかも)
  3. 家賃の一部(専業トレーダーであれば認められる可能性があります)

等々

これら経費の総額をFXの利益から差し引くことで所得を算出することができます!

一応、年間でどの位利益が出たかで発生する税金をチェックする表を掲載しておきますね!

あなたのFX年間所得 税金の額
50万円 10万1575円
100万円 20万3150円
150万円 30万4725円
200万円 40万6300円
300万円 60万9450円
400万円 81万2600円
500万円 101万5750円
1000万円 203万1500円

最終的には税務署や税理士に相談するのが一番だと思います。

また、趣味程度でトレードしているのか個人事業主レベルでトレードしているのか?でも税務署の判断は異なります。生活費と混同されるような携帯・家賃などはクレームを受けるケースもあるそうです。

きちんとルールを守って納税しましょう!

次回参考までにどのようなものが経費になるか一覧をまとめますね!

FXの必要経費【21種類】を一覧!ルールを守って節税しよう!

chumoku
ページ上部へ戻る