逆指値注文とは?【あなたの命綱です】

chumoku

MP900382634

FX子さん、注文をした後に、”何よりも大切な物”、なんだか覚えています!
あれだけガチひろさんにしつこく言われたんだから覚えてますよ!
「逆指値」ですよね!

FXの注文の基本の一つ、

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)

について今回は紹介します。

まずは指値について確認

指定した値段で決済できるよう注文をすること

例えば買いポジションを持っている時、損益がプラスになる価格で注文することができます。

逆指値について

先の指値と逆の行動。

例えば買いポジションを持っている時、損益がマイナスになる価格で注文することができます。

注意点

かならず98.8円などのように具体的に指定した価格で約定を保障するものではありません。
滑るといいますが、若干のずれや急な相場変動、例えば雇用統計時発表の前後は、指定価格より大きくずれて約定ることがあるのでレバレッジ・通貨単位量には気を付けてください。

一体どうやって使うの?

損切り=ストップロスを確定させることができます。

例えば、円安になると予想したにも関わらず、想定以上に円高が進んでしまった場合。

”損切が遅くなればなるほど”当然、大きな損失になります。

ポジションを持った時は、逆指値で”思惑と逆に進んだ場合どの程度の損失になるか”確定させていくことは基本です。

人間は不思議なもので”2000円のマイナスになれば損切する”と心のなかで思っても、いざ-2000円になると、
「もう少しまてば+-0位なるだろう」と根拠のない考えをもつようになり、
気がつくと-5000円なんてことがよくあるものです。
人は脳科学的にも「マイナスにある状態を回避したい」というのが本能なのでこのような思考になるそうです。管理人は恥ずかしながら初心者の頃何度もありましたよw

しっかりとポジションを持った時は、損切注文いれましょう!

それでは次に、忙しい方におすすめなOCOを紹介します。

OCO注文とは?「チャートを見れない主婦にオススメ」

chumoku
ページ上部へ戻る