FXでアグリーメントの具体的な使い方とは?

chumoku

前回コンフルエンスを紹介しましたが、今度は応用編でアグリーメントを紹介します。

前回までのおさらいはこちら
FXでコンフルエンスの具体的な使い方とは?「ディナポリチャート」

今回使うのはフィボナッチリトレースメントとフィボナッチエクスパンションです。

こちらの画像をご覧ください。
m2013-10-08_115947

まずはフィボナッチエクスパンションを引いています。
FXで【フィボナッチ・エクスパンション】の具体的な使い方!初心者向け

続いて、フィボナッチリトレースメントを引いてみると・・・・・
m2013-10-08_120129

リトレースメントの61.8とエクスパンションの38.2が重なりました。

そこが、アグリーメントといいいます。

例えば、どのポイントまで利確を狙っていけるかと考えた時にアグリーメントがあればそこまで見込めるのではと仮説をたてることもできます。

トレード戦略が非常に立てやすくなるのです。

まとめ

もちろん意識されるのはこれらのラインだけではありません。

サポートラインでありレジスタンスライン、チャネルラインとあります。

そこでどのラインがより意識されるのか見極める方法が過去にどの程度そのラインが意識されていたか?

二度も三度も四度も抵抗にあいやっとブレイクしたなんてラインは往々にして重要攻防のラインのケースが多いです。

ドル円100円のようなきりのよい値もオプション取引の目標数値となり非常に意識されることが多々あります。

総合的にマーケットを判断し、取捨選択していく必要があるのではないでしょうか。

chumoku
ページ上部へ戻る