FXでエクセルで資金管理を簡単にしましょう!

chumoku

FXでリスクをどの位か意識して考える事は非常に大切です。

今日は、資金管理を簡単にエクセルでしましょう!

それには、1回あたりのトレードの損失額を考える事が大切です。

クロス円の場合、1円=100pips で損失1万円です。

そして、仮に自分の口座の額は100万円で2%の1トレードリスク

損切は200pipsにするとします。

m2013-09-18_182117

1pips、1万通貨で100円となる場合、

=10000*B8/100

が成り立ち10000通貨となります。

リスク3%で3万円までの損失200pipsならば、1.5万通貨

m2013-09-18_182736

実際これらは円絡みの通貨ペアでの計算となります。

それでは、クロス円以外は?

先ほどのようにクロス円の場合は、1pip=0.01円=1銭です。
取引最低単位が1万通貨単位だと、0.01円×10000なので、1pip=100円
取引最低単位が1千通貨単位だと、0.01円×1000なので、1pip=10円になります。

そして、クロス円以外の場合は、
1pip=0.0001で、単位は通貨ペアの右側に書いてある通貨になります。
例えば、EURGBPの場合、1pip=0.0001GBPになります。
仮に計算時におけるGBPの日本円換算額が、150円の場合、
取引最低単位が1万通貨単位だと、
0.0001×150×10000なので、
1pip=150円になります

これがわかれば、クロス円以外でもエクセルを組むことができます。

先ほどの計算にその時の円のレートを計算すればいいだけです。

まとめ

このように数値を考えることで、リスクリワード比率についても考えれますし、管理していく上で重要ですので是非覚えてください!

chumoku
ページ上部へ戻る