FXでニュージーランドの・NZDの特徴は?AUDと連動する?

chumoku

ダウンロード (13)

NZDはニュージーランドの通貨です。キウイなんて呼ばれ方もしますが、豪ドルとNZDはオセアニア通貨と呼ばれ、どちらも資源国家、そして高金利で有名でFXにおいてはスワップ狙いで人気です。

今回の記事で2013/9月現時点での同国やNZドルの特徴を紹介します!

オーストラリアとニュージーランドの違い

実は輸出項目の中身が違います。

主に酪農や肉類などの農産物がメインで、石油や鉱物などがメインとオーストラリアと構造が違います。

FXにおいてのNZD

近隣のオーストラリアの景気動向に影響を受けるといわれており、豪ドルが下がる時にNZDも下がる場合があります

例えば中国の指標が悪くAUDが売られる

それにつられNZDも売られる
なんてことがあります。

とはいえ、流動性ではNZDはAUDに比べ低く、時にヘッジファンドの狙いなどにより相場が大きく動くことがあるので注意が必要です。

また、以前と比べて金利が2008/1月は8.25、2013/9は2.5と大きく下げており、これは世界的に各国金利を下げている傾向にあるためというのも大きいですが、今後、金利があがるのかどうか、景気動向と中央銀行にあたるRBNZの政策いかんによって為替が大きく変動する可能性があるので注意が必要です。

ただ、発表は日本時間の早朝6:00などが多いので早く起きる必要があります。出勤前の方にとっては好都合ですね。

中でも輸出国であるニュージーランドの貿易収支には注目です。

さぁそれでは次に、同じく資源国のカナダをどうぞ!

FXでカナダドルの特徴は?なんと石油埋蔵量2位!

chumoku
ページ上部へ戻る