ロンドン時間とニューヨーク時間の違いがわからない!

chumoku

027

ガチひろさん!FXって24時間できるんでしょ?そしたら、”何時はどんな傾向”とかあるの!

FX子さん、するどい!!!

日本、ニューヨーク、ロンドンでそれぞれ特徴がありますよ!

【東京・ロンドン・NY】はFX三大市場

それぞれ、時差があるので当然時間が異なりますよね。

そこで、各市場ごとの金融機関の開始時間と終わり時間をFXでも設定しています。

【4月頃から10月頃まで】

  1. ロンドン市場  ⇒ 日本が16時の時に8時で欧州株開始
  2. ニューヨーク市場 ⇒ 日本が21時の時に8時で米指標

【4月頃から10月頃以外については】

  1. ロンドン市場 ⇒ 日本が17時の時に8時
  2. ニューヨーク市場 日本が22時の時に8時で米指標

表にするとこんな感じ。。

  冬期(標準時間) 夏期(夏時間)
 日本(東京)、韓国 ±0 ±0
 イギリス(ロンドン) -9 -8
 米国(ニューヨーク)、カナダ -14 -13

 

相場動向の特徴

日本時間の17:00頃から欧州勢が参加し、さらに、21:00頃からは

米系が参加してくるという流れです。

特に欧州・米の時間では日本時間より、出来高(取引量)が増えるのでトレンドが動くといわれています。

こちらの画像はユーロドル

黄色は東京TIME、それ以外は欧州米です。黄色の東京TIMEではボラが低く、欧州・NYになるとボラが高くなっているのがわかります。(いつもそうとは限りませんが・・)
⇒ 【ボラティリティ】とはどんな意味?略して【ボラ】といいます。

m2013-09-04_151445

なので、時間によって戦略を変える人もいます。
例えば、
9:00-15:00頃までは、ドル円ではレンジ相場が多くみられる。、

その場合、東京時間ではレンジ内での逆張りの戦略

欧州時間以降は順張りでトレンドをおいかけ、押し目を狙っていくなどの戦略を取ることもあります。

一般的にトレンドが大きいほどFXは勝ちやすいといわれることが多いので、仕事から帰ってきた人たちも相場が動く時間に参加できるのが株式と違い大きな特徴といわれるています。

だからといって、夜遅くまでトレードをして寝不足には要注意ですよ!

chumoku
ページ上部へ戻る