FXで中古住宅販売件数と住宅建設許可件数の違い!

chumoku

本日紹介する経済指標は中古住宅販売件数の特徴などを解説したいと思います。

中古住宅販売件数とは?

中古の住宅の所有権移転が完了した件数をあらわします。つまり、売買などにより移転したなどがあげられます。

数値の傾向は?

住宅ということもあり、季節や天候の影響も受けやすく、予想と大きく異なる結果もでることがあります。

FXでのポイント

①実は中古住宅販売件数は25日頃に発表されますが、先行して、15日前後住宅建設許可件数が発表されます。
なので、月を通して動向を見ていくことがより大切です。

②もう1点ポイントはアメリカでは、中古住宅販売件数の方が、新築住宅販売件数と比べた場合、市場規模が6倍程大きくなるので、様々な要因で判断されるとはいえ、中古住宅販売件数の数値が大きく影響することはいうまでもありません。

まとめ

  1. 中古の住宅の所有権移転が完了した件数をあらわす
  2. 15日前後住宅建設許可件数 ⇒ 25日前後 中古住宅販売件数 発表
  3. 新築に比べ市場規模が6倍程

それでは次に、
経済指標発表時刻に「結果をはやく知りたいのにネット上の数値が更新されない」という方は、”ほぼ”リアルタイムで発表されるサービスを紹介します♪

ほぼリアルタイムの経済指標フラッシュが◎

chumoku
ページ上部へ戻る