FXで確定申告が必要な人と必要じゃない人

chumoku
ガチひろさんFXの取引をして1年終わったけど
「確定申告は必要なの?」
もちろんです!
FXでも当然利益がでれば納税の義務があります
もちろん税金を納めなければ脱税で犯罪です!
しかし、確定申告をする必要がない人もいます
また、知識がないばかりにご主人の社会保険をはずれてしまうケースもありますよ!

FXで確定申告が必要な人

  • 給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
  • 給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円を超える方
  • 給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が20万円を超える方
  • 同族会社の役員やその親族などで、その同族会社から給与のほかに、貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている方
  • 災害減免法により所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた方
  • 在日の外国公館に勤務する方や家事使用人の方などで、給与の支払を受ける際に所得税及び復興特別所得税を源泉徴収されないこととなっている方

↑だけ読んでもちょっと内容が難しいですよね。

例えばサラリーマンやOLの場合は2に該当する可能性があります。

給与を1か所から(会社)受けていて~~合計額が20万円を超える
つまり、FXの利益を20万円を超えていると確定申告が必要になります。
(住民税の申告は別です)

1年でトータル利益から経費を引いた額の所得がマイナスでもきっちり確定申告をすれば3年間の損失の繰り越しが可能です。
面倒がらずに確定申告をすることがおすすめです。

ちなみに、専業主婦のFX子さんの場合は、38万円を超えた場合に必要です。(住民税は別途必要)

38万円を超えると配偶者控除が外れた形でご主人は所得税や住民税がかかってきます。

また、パート主婦の方の場合は、103万円以下
(先ほどの38万円に、給与所得控除68万円を足したもの)
*給与所得控除とは、会社員の所得税や住民税を計算するときに、給与収入から差し引く ことができる控除分

次に130万円の壁、こちらを超えてくるとご主人の会社の社会保険をはずれる可能性が大です。

年末になって
「えっFXで儲かったけど130万円を余裕で超えるよ涙」

後日ご主人の健康保険組合から連絡が来てはずれてしまう可能性もあるでしょう。
*ただ、健康保険組合によって取り扱いがことなるケースがあります。
できれば事前に保険組合に問い合わせをしてどのようなケースがはずれなければいけないか確認するのがベスト。

また、利益ではなく経費を差し引いた所得額なのでご注意ください。

FXの必要経費【21種類】を一覧!ルールを守って節税しよう!

chumoku
ページ上部へ戻る