FXで米・ISM製造業指数とは?どのような影響?

chumoku

b330bd9769f29447c08534de0502e8b0_s

景気動向をはかる指標の一つに米・ISM製造業指数があります。

今回はFXにおいてどのような影響をあたえるかなど紹介したいと思います。

米・ISM製造業指数とは?

製造業の購買担当者へのアンケート結果です。

生産・新規受注・入荷遅延比率・在庫・雇用の項目があり、一か月前との比較をよい・変わらず・悪いの3択で回答していくもの
そして、それらを%とにしてあらわしたものです。

目安としては50%が景気の後退と拡大の分岐点といわれています。

50%を上回る ⇒ 景気拡大?
50%を割り込む ⇒ 景気後退?

FXではどのような影響を与えるか?

主要の経済指標の中で最も早く発表されることから市場での注目度が高いです。

例えばFRBが利上げをするかどうか見極める判断指標の一つとなる可能性もあります。

利上げ ⇒ ドル買い

という流れが起きるかもしれません。

また、この数値も予測値が重要になってきます。

事前予想より指標が高く発表されれば、景気の回復と判断され、期待感からドル買いにつながるかもしれません。

補足

ISM製造業景気指数より先に、限られた地域の製造業の景況感として

  1. NY連銀製造業景況指数
  2. フィラデルフィア連銀製造業景況指数

があります。

これらもあわせて確認していくとより市場の流れをつかむことができます。

それでは次に、
経済指標発表時刻に「結果をはやく知りたいのにネット上の数値が更新されない」という方は、”ほぼ”リアルタイムで発表されるサービスを紹介します♪

ほぼリアルタイムの経済指標フラッシュが◎

chumoku
ページ上部へ戻る