FXで米国 新築住宅販売件数がどのようは影響をあたえるか?

chumoku

a1180_010524

FXにおいて基軸通貨がドルであることもり、アメリカで発表される指標が相場へ影響を与えることが多々あります。

今日は重要な指標の一つ新築住宅販売件数がどのようは影響をあたえるか紹介します

新築住宅販売件数とは?

景気の先行きを判断する際に重要視され、毎月24日から月末にかけて発表されます。

対象となるのは販売された新築住宅件数です。

以前紹介した

住宅着工件数(建設許可件数)

中古住宅販売件数(中古住宅販売保留)

と総合的に見られます。

*尚アメリカは新築指標より中古市場が大きく6割程といわれています。

FXではどのような影響?

金融政策の変更時に特に重要視される指標となります。

例えば、

新築住宅販売件数が増加⇒ 景気回復と判断 ⇒ 通貨が買われる

などの流れがあります。

もちろんその時の様々な要因が影響するので一概には言えませんのでご注意ください。

まとめ

サブプライム以降特に住宅関連の指標については特に見られる傾向があり、注視していく必要があります。

それでは次に、
経済指標発表時刻に「結果をはやく知りたいのにネット上の数値が更新されない」という方は、”ほぼ”リアルタイムで発表されるサービスを紹介します♪

ほぼリアルタイムの経済指標フラッシュが◎

chumoku
ページ上部へ戻る