FXで週明け窓あけの【手法】!

chumoku

m2013-10-09_120548

前回窓開けについて紹介しましたが、今回はそのトレード手法について紹介できればと思います。

窓開けの特性

開いた窓は埋まるといわれるほど、確率は高いですがもちろん100%ではないので注意が必要

 

  1. 1時間以内に埋まるパターン
  2. 24時間以内に埋まるパターン
  3. 3~4日以内に埋まるパターン

と様々なこと

また、窓が開きそのままの方向でトレンドが発生してしまうことがあります。

具体的手法

m2013-10-09_135742

画像のローソク足のように窓を埋める方向を確認できたらエントリー

ただし、思惑通りすすまなければエントリーポイント、もしくは5pips下などで損切⇒損は非常に浅く考えます。

そして、利確は窓が開き始めた終値

ポイントはどの位窓が開いたか

開きが狭いとスプレッドと損切でなかなか利益を伸ばすことができないからです。

もう一つポイントがファンダメンタルのしっかりと捉える

土日にどのような動きがあったのか情報をチェックした上でトレードし確率があがるようにします。

まとめ

サクソバンクでは取引時間が2013/10時点で

オーストラリア 米国 取引時間
1 夏時間 標準時間 月曜日午前03:00~土曜日午前07:00
2 夏時間 夏時間 月曜日午前03:00~土曜日午前06:00
3 標準時間 夏時間 月曜日午前04:00~土曜日午前06:00

ですので、早くトレードに参加する事が可能となっております。

はやい時間に取引ができるのも戦略を立てる上でポイントです。

chumoku
ページ上部へ戻る