FXのポジションサイズとは?

chumoku

FXで資金管理をする上で、”ポジションサイズ”は需要です!

後で、
「こんなに損がでるなんて・・・」
とならないようガチで聞いてください!

は~い!ガチひろさんわかりました!

ポジションサイズとは?

1度のトレードに対し”どの位まで損失があるか”

例えば、ドル円、1万通貨、100pipsのマイナスは、
-1万円

さて、この数値
「大きすぎますか?小さいですか?」

正解は
「人によって異なる」
です。

口座に1000万ある人の損失1万円は0.1%

口座に10万ある人の損失1万円は10%

後者の数値のトレードはいかにリスクが高いかわかります。

これでは、
「負けたらヤバい!」
と感情トレードになるに決まっています!
これは投資ではなくギャンブルですね。

具体的なポジションサイズの方法

資金の~%に注目するです。

例えば、

  1. 1ヶ月で総資金の10%以内の損失にする
  2. 1回のトレードで2%の損失に抑える

つまり、

  1. 100万円口座にある場合、1ヶ月で損失が10万円を超えた時点でトレードを辞めてあらためて自分のトレード方法について見つめなおす。
  2. 1回のトレードあたり2万円までの損失に抑えるなどです。

ポジションサイズ(ロットサイズ)の基本

はじめたばかりの人は、”自分が適切と考える以上に”必ずロットを小さくすることをおすすめします。

”最初は自分は冷静だから大丈夫”

と誰もが思います。

ところが、思わぬ損失に

”もう少し時間が立てばカバーできる”

と、”予定していた損切タイミングで決済できずズルズルいく”

結果、損失が大きくなるのがFXの怖さです。

ガチひろとしては、
資金量の、0.1%あたりから始め、1%まで。
それ以上超えるとリスクがグッとあがるのでおすすめしませんよ!

chumoku
ページ上部へ戻る