FXの最適なパラメーター設定とは?

chumoku

テクニカル分析を勉強していくと、移動平均線・MACD・EMA等々多くのことを学ぶと思いますがその設定に頭を悩ましている方も多いのではないでしょうか。

本日はパラメーターについて徹底考察します。

パラメーターとは?

こちらの画像に表示されているのは全て移動平均線です。

それぞれの期間の設定が異なります。

上から

20

60

180

です。

m2013-10-09_153702

期間が短くなれば直近により敏感になります。

逆に期間が長くなればなだらかになります。

どちらも、敏感であれば早く動いて来れてわかりやすい反面だましが多く、なだらかであれば示唆が遅くというメリットデメリットがあります。

そのため、トレーダーは画像のように短期・中期・長期とそれぞれの機関の設定を行いますが今回の記事の中では

”どのようなパラメーターが最適か?”

について紹介します。

パラメーター設定根拠

先に結論をいうと、その時の相場環境、使うテクニカル分析によって異なってきます。

ただ、根拠を知るとより設定しやすくなります。

5に関しては月曜日から金曜日までが5日ですのでその数値を基準に1ヶ月の20、3ヶ月の60などを並行して使います。

 

13 26 52についてはいかがでしょうか。

365÷7=52週となります。1Wで割ったところからきてるんですね。
1年の半分で半年で26、13で四半期となります。

 

13 21 144はフィボナッチからで61.8は62と四捨五入されています。

個人的におすすめが5分足に表示された26EMA表示
m2013-10-09_191237

ただ、実際はこれだけでトレードをすることはなく、様々な要因で判断することが多いです。

 

そして、いろんなテクニカルでパラメーターをためすことをおすすめします。

chumoku
ページ上部へ戻る