IFO注文とは?「トレード戦略で”ポジポジ病”を解消できる」

chumoku

MP900433737

ガチひろさん!
チャート画面を見れない時も、
予想した価格になれば買ってくれて、
さらに、
上昇すれば売って利益確定。
予想とは逆に進めば損切もしてくれる。
まさしく忙しい主婦のための、”IFO注文”ってあるんですね!
お~よく調べましたね!!
あまり根拠もなく、すぐにトレードをしてしまうFX子さんw
”ポチポチ病”防止にもいいんですよ!
IFO注文、詳しく紹介しますね!

IFO注文とは?

いままで紹介してきました

IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文です。

具体的にいきましょう!

ドル円=100円が現在

105円になったら買いのポジション

■114円になれば売ってくれる
■もし、思惑がはずれ99円になっても売ってくれる

どのように使うの?

このIFO注文を使うとういことは、
事前に相場のストーリーを描いているということになります。

なので、トレードをやり始めの時は

・いまが買だ!

・いまが売り時だ!

と、「差ほど根拠もないのに、無駄なトレード回数が増え損失が膨らむ」、という事があります。
「すぐに感情的になってしまう人には、特にオススメですね!」

まとめ

シティバンクのチーフディーラーなど外資系金融機関のトレーダーとして活躍した西原宏一氏が

著書「30年勝ち続けたプロが教えるシンプルFX」の中で、こんなことを書かれています。

成行注文には注意です。トレードスタイルにもよりますが、普段指値や逆指値を使っているのに成行注文が増えているようなら焦りが募っている証拠です

との言葉に「ハッ」としたことがあります。

その点IFO注文は、
事前にしっかりとシナリオを考えた上なので、
あせりのトレードをなくすことができますね!

それでは次に、IFD-OCO注文(イフダンオーシーオー注文)や外出先でトレンドラインが引けてオススメな口座をどうぞ

GMOクリック証券 FXneoの評判!使っていてオススメな機能紹介!

chumoku
ページ上部へ戻る