MACDの見方や使い方!ダイバージェンスに使える。

chumoku

今回はテクニカル指標の一つ、MACDについて紹介します!

読み方は、「マックディー」

なんかカッコいいですね!

日本語訳は移動平均収束拡散手法、英語でMoving Average Convergence/Divergence Trading Methodです。

今回は見方や使い方を具体的に紹介します。

2014-05-01_194219

MACDの使い方!

移動平均線のようにゴールデンクロス・デッドクロスを狙う方法
これが代表的になります。

画像の縦に線が入っているのがメインライン、点線がシグナルライン。

画像で言う交わっている部分がエントリーポイント。

移動平均と何が違うの?と思われるかもしれませんが、特徴としては移動平均より早くシグナルが出てきます。そのような計算式になっています。ここでは割愛。

他見方・使い方は、中央の0の数値を境に上側で推移していれば上昇トレンド、逆に下側の場合は下降トレンドと判断します。

さらに、先ほどのゴールデンクロスが2本の線が0%以上の所で発生し、例えば上を抜いていけばより強い上昇トレンドと判断します。

ダイバージェンスと呼ばれるチャートとオシレーターが違う動きをしている、例えば高値が切りあがって上昇トレンドをチャートを示しているにも関わらず、マックディーが逆行しているときなど
ダイバージェンスとは何?手法や種類を紹介

トレンドの終盤に出てくるケースが多く、その後転換になる事がよく見受けられます。

まとめ

テクニカル指標全般に言えますが、これ単体だけでトレンドの判断をするだけで勝てるほどFXは単純ではありません。総合的に判断していきましょう。

詳しい売買ポイント含め動画を作成しました。
是非、ご覧ください

関連
なぜヒドゥン・ダイバージェンスはトレンド継続なの?

chumoku
ページ上部へ戻る