pips(ピップス)の【簡単】な計算方法!

chumoku

ガチひろさん!

FXでよく見かけるpipsってそもそも何ですか?

スプレッド1pipsは何円なの?

計算も複雑そうでわからないよ・・・

そんな方のために

pipsについての説明

カンタンにpipsを計算できる方法を紹介します!

 

pips(ピップス)とは?

pipsとは、
為替レートが動く時の最少単位のことです。

例えば、ドル円相場で、
円が113.46円から113.47円に動いた時、
1pips上昇したってことです。
ドル円の場合は、0.01円単位でレートが動きますね。
なので、1pips=0.01円=1銭
てことです。

じゃあ、ドル円の通貨ペアで、

スプレッドが1pipsって場合は

1銭(0.01円)がスプレッドの値なのね!

pipsは、どの通貨にも使えますが、
通貨によって、為替レートの最少の変動値は異なりますので、
1pipsがいくらになるかはその通貨ペア次第で変わります。

FXでは、色んな通貨の取引が行われますので、
比較しやすいようにpipsを使うんですよ!

pipsを簡単に算出するために単位について覚えましょう!

  1. ~/円 の場合:「pips」よりも「銭」の使用が多い。1銭は0.01円
  2. ~/米ドルの場合:「pips」を使います。1pipsは0.0001
  3. ~/円と米ドル以外の場合:同じく「pips」が基本多いです。

~/円の場合

1銭動いた場合
1銭=0.01円です。

後は1000通貨なら1000を掛ける。
1万通貨なら1万を掛ければ計算されます。

0.01円×1万通貨=100円
1銭あたり100円の為替損益となります。

0.01円(1銭)0.05円(5銭)0.1円(10銭)1円(100銭)
1000通貨10円50円100円1,000円
2000通貨20円100円200円2,000円
5000通貨50円250円500円5,000円
10,000通貨100円500円1,000円10,000円

 

 

~/米ドルの場合

簡単な公式がこちら
0.0001(1pips)×ドル円のレート=円換算された1pipsの値
それに1000通貨なら1000を掛けて、1万通貨なら1万を掛ければOK

(例)
ドル円相場が110円の場合
0.0001×110円=0.011円これに
1000通貨の場合1000倍で11円
1万通貨の場合1万倍で110円となります。

~/円と~/米ドル以外の場合

ここも簡単な公式があります。

0.0001(1pips)×対象のクロス円レート=円換算された1pipsの値

(例)
EUR/CHFの1pipsを求めたいとします。
仮に、その場合、CHF/JPYが116.85であれば

0.0001(1pips)×116.85=0.011685円
1000通貨の場合 11.685円
1万通貨の場合 116.85円となります。

最後に

一度計算をすればスラスラpipsの計算ができるようになりますね!pipsは、色々な通貨の取引を

客観的に比較しやすいようにしたものです。

上手に使って、相場の流れを読みましょう!!

 
「初心者はまずここから!」をお読みの方
次はコチラ→FXの【勉強方法や仕方】!初心者向け解説!
 

chumoku
ページ上部へ戻る